デジタルマーケティング

Facebookのコミュニティ規定違反を解除した話

  1. HOME >
  2. デジタルマーケティング >

Facebookのコミュニティ規定違反を解除した話

このブログとサービスサイトがFacebookでコミュニティ規定違反でブロックされていました。8月中旬にブロック解除申請をして、12日目にようやく解除されました。どのように解除したか、ここにまとめておきます。

Facebookにブロックされた理由

ブロック~解除までに理解したのはこの5点。

ポイント

  • instagramにも同様の措置が自動で下される
  • 情がまったく通じない
  • 規定に合っているか否かのみで判断される
  • 何が理由かは最後まで教えてくれない
  • 土日は休み

まず前提として、このブログとサービスサイトは連動させていて、サービスサイトの詳細をこのブログに飛ばすように繋いであります。両サイトを公開するにあたって、ブログでは漢字表記の名前を出したくありませんでした。前職で公式中の人をやっていた際、SNSで少なからず嫌な思いをしたことがあり、ブログへの実名表記で同様のことが起こりうる可能性があるため避けたかったのです。ですが、それが裏目に出て、Facebookにブロックされました。

そこで、Facebookに対し異議申し立てをしました。1週間の間に8回行いましたが、無反応。異議申し立て申請後約3日ほどで通常はブロックが解除されるそうですが、一向に解除されないため、通らなかったのだと思います。

そこでFacebookの広告マネージャを使って2度有人窓口に解除申請を行いました。当日中にFacebookメッセンジャーから担当者より連絡があり、「ブロック解除」の担当窓口に申し入れする旨のご連絡をいただきました。翌日結果の連絡があり、

「解除はできません。理由はお伝えできません」

との返答をいただきました。

再度コミュニティ規約を読み返し、やはりFacebookの個人アカウント同様の実名表記にしないと解決は難しいと判断。やむを得ずWEBページ内を実名表記に変更しました。Facebookに再申請すると、ブロックは無事解除されました。両サイトに一貫した人物が携わっていることが明確化されたためだと思います。

ブロック解除申請の方法

1.デバッカーでURLのデバッグ

エラーが出たときに表示される「異議申し立て」ボタンをクリック。3日経っても状況が変わらなければ申請は却下されていると考えられます。

2.Facebook Business Supportから「お問い合わせ」ボタンをクリック

このページの存在を知りませんでしたので、Facebookの広告マネージャのほうから「URLがブロックされているので広告を出せない」という問い合わせをしたところ、Facebook Business Supportページの名前でメッセが来て、担当の方とやりとりをしました。最初からこれを知っていたら連絡が早かったのに~~と思いましたのでリンクを貼っておきます。

fbサポートに問い合わせ中_02

このやりとりはメールでのログも残り、問い合わせ案件ごとにFacebook側でメールアドレスが発行され、管理されるようです。

1度目にメッセでやりとりした際は、Facebookのメッセンジャーでやりとりをしましたが、一度対応がクローズするとこのメッセンジャーは使用できなくなります。そのため、ログとして配信されてくる同内容のメールアドレスに返信する形で、2回目の申請のメールを送信。すぐに返信が来て、同じメールでのやりとりによって、解除申請を行い、最終的に解除完了の連絡をいただきました。

以上、解除するまでの過程でした。骨が折れました。

-デジタルマーケティング
-

© 2020 matty3.com All rights reserved.