考え方

社内で味方を増やすコミュニケーションのコツ

  1. HOME >
  2. 考え方 >

社内で味方を増やすコミュニケーションのコツ

社内で味方を増やすポイントは4つ

株式会社MOVEDのyoutubeチャンネルで配信している働き方に関するライブ配信「会社を使い倒すラジオ」。配信のメインテーマは、会社で穏やかに暮らしながら、自分の業務下においてやりたいことを確実に実現するための会社の使い倒し方です。第2回のテーマは「味方を増やすコミュニケーションのコツ」です。

今回の配信のポイントは4つです。

  1. 挨拶
  2. 小さな声かけ
  3. まめな連絡
  4. おやつ

誰もが簡単にできて、でも実はみんなやらないコミュニケーションのコツ、どんなときに社内のメンバーと交流を深めるか、自分の性格に合わせた無理のない話し方についてお話ししました。小心者で面倒くさがりやの私でもなんとかやっていけているのは、これらの小さなTipsあってこそ。

人づき合いの質が上がると、毎日が格段に快適になります。小さな努力で快適さがグンと上がりますので、社内の方ともう少し穏やかな関係性を築きたかった、20代の私に対してお話ししました。ポイントは、相手目線の快適さと小さな喜びの提供です。

無礼な人にはどう対応するか

これについては長年悩んできましたが、「礼儀正しさはすべてを超越する」という考え方を基軸に行動しています。そのひとつの解となったのが『Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である 』の本です。人は無礼には無礼で返し、礼儀には礼儀で返します。感覚としては「そうだよねえ」と実感はありましたが、具体的に言語化し、事例を挙げながら実際に人が取った行動を調査し、詳しく紹介しています。それが衝撃的。

何が衝撃だったかというと、調査の結果では、無礼をされた相手に対し、当人の仕事を手抜きしたり、対応を遅くしたりなどの恣意的な質の低下をはっきりと意識して、誰もが同様に行っていたんです。思い返してみれば、「確かに私もやってるわ」と思いました(笑)。

何が解となるかは人それぞれですが、少なくとも私自身は、この本を通じてひとつの解を得ました。根本的な解決に至らないこともありますし、悪が悪で淘汰されることは残念ながらありませんが、日常生活における身の守り方については、確証を得られた本でした。

自分の行動としての「礼儀」「無礼」を見直したいとき、他人の「無礼」に苦しいとき、心を立て直す軸をもたらす知恵を与えてくれますので、悩んでいる方はぜひ手に取っていただけたらと思います。大変良い本です。

会社を使い倒すラジオについて

ここからは余談です。2020年10月から株式会社MOVEDのyoutubeチャンネルで配信している「会社を使い倒すラジオ~まてぃさん、会社ぶった斬るってよ」。配信時に使った資料やメモを今後はこちらにストックしていこうと思います。初回は台本なしで行っていましたが、回を重ねるごとに台本+資料を作るようになりました。

音声・照明・配信スタイルも大きく変化してきました。初回はマイクを使っていませんでしたので、聴きにくくてすみませんでした。音が悪いのって本当にストレスですよね……。反省してます。イヤホン・マイク・カメラはそれぞれ2~3回買い換えて、今がいちばんベストな状態で配信できていると思います。配信環境についてはまた別途記事にしようと思っています。

配信は毎週水曜12:10am~です。youtubeとFacebook live で配信しています。twitterとFacebookで都度リンク先をご案内していますので、こちらのフォローをしていただくと便利です。

こちらをフォローしていただくと便利です

-考え方
-

© 2020 matty3.com All rights reserved.