デジタルマーケティング

Clubhouseで何が起こっているか。企業がどう活用できるか

  1. HOME >
  2. デジタルマーケティング >

Clubhouseで何が起こっているか。企業がどう活用できるか

毎日twitterのトレンドに上がり続けているClubhouse。招待されてから完全に沼です。twitterにかけていた時間が丸ごとClubhouseに持っていかれています。使い方の基礎、アプリのユーザービリティや仕様はほかにも書いている方がいらっしゃいますので、ここではどんな空気感なのかをメモします。

アプリのメイン画面は自分がフォローしている人に関連するROOMが表示されます。

今、Clubhouseで何が起こっているか

イノベーター・インフルエンサーが大集合。超ポジティブで平和な世界、Twitter初期のような感じ(2010~2012年頃)です。マーケティング界隈の話で言えば、ad:techなどで壇上に上がるスピーカーの方々のちょっと緩めの、でもリアルな話を四六時中聴けます。楽しすぎて、耳がずっと埋まってしまいます。

コロナ禍で展示会にも行けず、ウェビナーだと寝てしまう……そんな方に激推しです。なんていい時代。昨夜は「ECのすごい人集合」というROOMがあってですね、コロナ禍におけるECの現状とこれから、ロジティクスの今、サブスク、今オンライン施策をどうしているかなどなど、リアルな話を伺えて本当に楽しかった……!

また、昨日(1/27)はこじはる様と田村淳さんが降臨し、ユーザーの民族大移動勃発。インフルエンサーが出現したときの人の移動の早さと可視化が、えぐいほどクリア。Clubhouseの隣の芝生が青く見える的な「ROOM」の魅せ方も、ユーザーを熱狂させる導線設計となっていて、唸るしかありません。

四六時中耳が占拠される

昨日今日は、落合陽一さん、伊藤羊一さん、藤田 晋さん(サイバーエージェント)、亀山敬司さん(DMM)、村上 臣さん(LinkedIn)など錚々たる顔ぶれが早朝・深夜に続々出没。会社の話、株主総会の話、著書の話、出演番組の話、ビジネス界隈の近況をゆるっとトーク。当該ROOMに入ってきた知り合い(著名人)を見つけるとスピーカーとして呼んで、トークが一段と盛り上がる……。

抜け方、抜けどきが難しく、楽しくて果てしなく聴いてしまいます(そのため2日深刻な寝不足です)。

身近な人とROOMで話すのが楽しい

インフルエンサーが開くROOMのほかにも、フォロワー同士、通りすがりの人も含めて「はじめましてー」と声がけしながら、平和に続く雑談ROOMも多数あります。身近な知り合い同士がつながっていますので、アプリの仕様確認も含めて「これどうなってるの?」とあちこち触りながらおしゃべり。

iPhoneのマイクとスピーカーだけでも音質がクリアで人の声が聴きやすいので快適。気づくと1時間2時間はあっという間に溶けます。コロナ禍で出かけにくく、雑談や会話を欲してるから話が弾まない理由もないんですね。

ユーザー招待の際、電話帳とアプリが紐づくため、過去に親しくしていた方とふいに繋がることも、熱狂のひとつの理由かもしれません。セレンディピティ的なものが多く起こります。

ROOMを作り、身近な人たちとこんな感じでおしゃべりできます。

Clubhouseとマネタイズ

現時点では、広告表示や有料で利用するような機能はありませんし、ユーザーがマネタイズできる要素もありません。いずれスパチャ的なもの(投げ銭)が実装されると噂も。今は民度が高い環境となっていますが、機能が実装されると空気が一変する可能性もありそうです。

企業の利用について

Clubhouseの特徴として音声がストックとして残りません。通常はコンテンツを残したいためYouTubeやVoicy、stand.fmなどを利用しますが、ここでは残らないことを逆手に取った使い方をいかに楽しくできるかがカギと言えそうです。

・瞬発的に情報発信したい
・ストックメディアをベースにコミュニケーションツールとして使いたい
・採用に関するQ&A会
・耳だけのウェビナー

あたりに相性がよさそうです。普段登壇されている方がミニウェビナーのような形でROOMを作り、双方向のコミュニケーションを作る場として活用するのにも向いていそう。

今は「これってどうなってるの?」とユーザーがアプリ内で楽しみながら試行錯誤していますので、まじめ一辺倒より、カジュアルな使い方のほうが相性はよさそうです。いずれにせよ、Clubhouse内でどれだけフォロワーが持てるかにかかっています。

Clubhouseをもっと詳しく知りたい方は

余談ですが、noteプロデューサーの徳力さんがあちこちのROOMで傾聴されている様子に気づきまして、「徳力さんきっとこのあと記事を書かれるのだろうな……(わくわく)」と思っていたら、Yahoo!に記事を公開されていらしたので、待ってましたとばかりに見に行きました。全体感を知りたい方にご一読をおすすめします。

音声版ツイッターといわれる「Clubhouse」の、何がそこまで革新的なのか

ということで、アカウントをお持ちの方、フォローをお願いします。今のところ、水曜お昼のライブ配信の後、おしゃべりROOMを作ってます。

★追記

規約を翻訳されている方がいらしたので、こちらに付け加えておきます。内容が細かく厳しい上に、垢BANも早いらしいので一読するのが吉かと。
Clubhouseガイドラインを日本語訳したよ

-デジタルマーケティング

© 2020 matty3.com All rights reserved.